fbpx

BLOG ブログ

2019.04.19

【5月の作品】 『カミーユ、恋はふたたび』R15

高松市 レガロビズ 高松 珈琲豆 コーヒー 映画館 ミニシアター カフェ おしゃれ

【5月の作品】

『カミーユ、恋はふたたび』R15

毎週日曜日 17時~

入場料 2,000円(前日までのご予約で1ドリンク付き)

​【解説】
「マリー・アントワネットに別れをつげて」などで女優としても活躍するノエミ・ルボフスキーが監督・脚本・主演を務め、ひょんなことから学生時代にタイムスリップした中年女性が2度目の青春を通して人生を見つめ直す姿を描いたロマンティックコメディ。パリで暮らす40代の女性カミーユは、結婚して25年になる夫から突如として離婚を言い渡され、気分転換のために出かけたパーティで羽目をはずし過ぎて転倒し、意識を失ってしまう。やがて目を覚ましたカミーユは、自分の学生時代にタイムスリップしていることに気付く。中年の姿のままなのに周囲には10代に見えていることに違和感を抱きながらも、今は亡き両親や楽しい友人たちに囲まれて充実した毎日を送りはじめるカミーユだったが……。共演には「大人は判ってくれない」のジャン=ピエール・レオ、「潜水服は蝶の夢を見る」のマチュー・アマルリックらフランス映画界を代表する名優がそろった。


2019.01.18

【A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー】2月の上映作品

高松市 カフェ 映画 レガロビズ コーヒー 珈琲豆 自家焙煎 インスタ

【2月の上映作品】

A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー

ドキュメンタリー

66分

毎週土曜日20時スタート

【解説】

2015年に米ブルーボトルコーヒーが世界初進出の第1号店として東京に店舗を構えるなど、近年、世界的な広がりや盛り上がりを見せる本格志向のコーヒーカルチャー。現在のコーヒー文化を牽引する、ニューヨーク、サンフランシスコ、ポートランド、シアトル、東京の5つの都市で活躍するコーヒー店オーナーらプロフェッショナルたちのコーヒーへの哲学や仕事ぶりなどを追った。日本にも進出したサンフランシスコの「ブルーボトル・コーヒー」創設者ジェームス・フリーマン氏をはじめ、2013年に閉店した表参道の「大坊珈琲店」オーナー・大坊勝次氏、下北沢の「Bear Pond Espresso」オーナー・田中勝幸氏、表参道の「OMOTESANDO KOFFEE」オーナー・國友栄一氏ら、東京で活躍するコーヒーの達人たちも登場。コーヒーの「求道者」とも言える彼らのこだわり、コーヒーへの思いが描かれる。監督はサンフランシスコ在住のCMクリエイター、ブランドン・ローパー。

予告編


1 2 3 4 5 6 7 8 12
PAGE TOP